初めてカラコンを使用したときの思い出

私が初めてカラコンを装着したのは、20代後半のことです。
黒目がくっきり大きく見えるという製品のテレビコマーシャルを見かけて、どうしても試してみたくなったのがきっかけです。
まずは情報を頭に入れておきたいと思い、インターネットで調べたり、美容に詳しい友人に話を聞くところから始めました。
そして、さっそく眼科を受診して診察を受けて、処方箋を受け取りました。
初めてカラコンを使用するということで、眼科医院に併設されているお店を訪れることにしました。
専門スタッフの方にサポートしてもらいながら、希望に合った製品を選んで使い始めました。
初めて使用する私にわかるように、正しい装着方法などを丁寧にアドバイスしてくれたので、不安を感じることなくデビューできました。
実際に装着してみると、黒目がはっきり見えるようになっただけではなく、うるうるとした潤んだ瞳に見えて感激しました。
カラコンを使用するだけで、自然で可愛らしい印象的な目元になるので、それ以来大切な用事があるときなど、さまざまなシーンで愛用しています。

落ち着いた可愛いハーフ系カラコン

内閣府認証心理カウンセラーも在籍!

メディカル系の対策を万全にするには?

クラシックカーの話題を追う

最新記事